短時間の施術で簡単にシャープな輪郭を手に入れられる

サイトメニュー

受けようと考えている方に

注射器

治療の流れや背景

エラが張って顔が大きく見えるコンプレックスや悩みを解消する小顔ボトックス治療は、美容整形外科や美容クリニックで受ける事ができます。注射器で薬剤であるボツリヌストキシンを注入する治療内容であり、それは医療行為になるので必ず医師が施術します。医師が治療してくれるとなると保険が適用されると思われますが、保険適応に該当するものは法律で決められています。疾病の治癒目的の医療施術で、国が認めたもののみが保険適応になります。小顔になる為のボトックス治療は、顔が大きく見える原因がエラの筋肉である咬筋が発達しているのを改善する治療です。咬筋が発達している事は疾病によるものではなく、この治療は美容目的にあたります。よって治療と呼ばれますが保険適用外になります。保険適用外の場合は、患者負担は1割から3割ではなく全額自己負担です。美容クリニック等で治療を受ける前には必ず医師との面談であるカウンセリングが行われます。小顔希望の場合、顔が大きく見える要因を調べてボトックス治療が効果的の場合提案を受けます。他の原因の場合は、希望に沿った最善の方法を提案してくれます。状態や希望を医師が把握し、治療内容についてしっかり説明を行います。保険適用外の治療は、国が認めていない医療施術とも言えるのでトラブルが起こらない様に患者が納得して受ける形にする必要があります。負担する費用や考えられるリスクについて説明を受け、納得できたら同意書に署名をする流れになります。説明を受けたその日に答えを出す必要はなく、冷静に家で検討してから返答する事も当然できます。

エラの筋肉である咬筋が発達して、顔が平べったく大きく見える際に小顔ボトックス治療は効果的です。美容クリニックで受ける事ができ、美容ブームもあり、全国各地にクリニックはできているので探す事自体は難しくはありません。通いやすさや保険適用外治療なので負担額で決める事も間違いではありません。ですが保険適用外の治療で、顔に施術をするのでクリニック選びは冷静に慎重に選ぶ事は大切です。ボトックス治療の歴史は浅くはありません。医療現場で脳梗塞後遺症治療や不随意運動抑制に活用されてきました。しかし美容医療に転用されてからの歴史はまだ浅く、薬剤であるボツリヌストキシンも2009年に厚生労働省がアメリカのアラガン社製のみ認可した程最近の話です。以降に安全で副作用のない美容整形術として全国に広がり、今では小顔以外にしわ改善や多汗症治療と多くの悩みを解消しています。治療内容は注射するだけで簡単に見えますが、実際は正確な注入量を判断したり、正確に注射する技術が必要な治療です。ボトックス治療で使用されるボツリヌストキシン自体に副作用はほとんどありませんが、医師の施術で結果は変わります。医師選びではこの治療に精通している事が目安になりますが、それを見分けるポイントがあります。世界でも正規品として認められているアラガン社が行う講習を受けて施注資格を得ている事は、安全にボトックス治療を行える医師と判断できます。保険適用外治療ですが、自由診療なので施術料金には、クリニック毎に割引制度を設けられます。サービスを活用する事で、費用負担を軽減する事も可能です。

Copyright© 2019 短時間の施術で簡単にシャープな輪郭を手に入れられる All Rights Reserved.